若いうちの家造り

結婚して生活も安定してきて、そろそろマイホームを持ちたいと考えたときに、どういった点に気を付けて家造りをすれば良いでしょうか。新婚生活を経て落ち着いてきた、まだ若いうちの家造りについてポイントを見ていきましょう。

憧れのマイホーム!おしゃれな家を建てるコツ

おしゃれな家はよく雑誌で見かけても、実際に考えるとなると難しいものです。そのコツの一つは、デザインテイストをまず一つに決めて軸にすることです。シンプルモダン、北欧、アジアン系など決め、さらにそのイ…

そろそろ子供もできる頃。親子が暮らしやすい家造りのポイント

注文住宅であれば、予算と夫婦の希望にそって間取りを自由に設計できます。子供をもうけることを想定しているなら、最初から子供部屋を用意するのもひとつの選択肢ですが、リビングなどに隣接する広い部屋を用意…

老後も住める家造り

長い人生、将来的にはもしかすると二世帯で住むことになるかもしれませんよね。また自分たち自身も、だんだんと老いてきます。家造りをするにあたって、長い目で見たときには老後も安心して住める家であることが理想です。老後も住める家にするための注意点や心がけを紹介します。

ペットを飼うならこんな家を!

ペットを飼うことに興味があるなら

犬や猫、鳥やウサギなど、さまざまなペットを家族同様に可愛がっている方が増えています。もしもペットを飼うことに興味があるならば、家造りについて配慮しましょう。ペットが暮らしやすい家を実現したいなら、いくつかのコツがありますので把握しておくことが大事です。まずは、どのようなペットにすべきか決めておきましょう。ペットによって、最適な家が異なるからです。特に、犬を飼いたい場合は注意が必要です。中型犬や大型犬を飼いたいなら、庭のスペースを広めに確保することがポイントです。自宅の庭でのびのびと遊ばせてあげることができるからです。さらに、外に飛び出したりしないように、柵を高めに設置したり、頑丈な素材で作ったりすることも大切です。

家の中を工夫することも重要

ペットが快適に過ごせるような家造りを目指しているなら、家の中について工夫することも重要です。もしも可能ならば、ペットが自由に遊べる部屋を一つ用意してあげましょう。とりわけ猫やウサギを室内で飼いたい場合には、ゆったりくつろげる部屋を準備してあげることがポイントです。日当たりが良くて静かな部屋ならば、ストレスを感じることがないからです。また、ペットが喜ぶオモチャを置いてあげれば、家の中で楽しく過ごせます。ただし、電気コードやコンセントには注意しましょう。ペットが感電しないように、専用のプロテクトやカバーを取り付ける方法が効果的です。ほかにも、割れやすい食器やガラス製品などを置かないように考慮しましょう。